散歩の途中で見かけた川の名前を知りたい・・。
川の名前を調べる地図は、川の名前や流路を簡単に調べられる地図サイトです。

五十鈴川

五十鈴川 都道府県

五十鈴川 市町村

五十鈴川 水系域

五十鈴川(いすずがわ)は、三重県伊勢市を流れる宮川水系一級河川
倭姫命が御裳のすその汚れを濯いだという伝説があり、御裳濯川(みもすそがわ)の異名を持つ。古くから清流とされ、和歌にも多く歌われた。
神路山を源流とし、皇大神宮(伊勢神宮内宮)の中を通過してその御手洗(みたらし)となる。この御手洗場では、かつては手洗いだけではなく、口濯ぎまで行われたが、現在は禁止されている。
この川に架かる宇治橋は、聖俗界を分ける境界といわれる。
河口付近では五十鈴川川 派川と分かれ本流は宮川#宮川水系勢田川 勢田川と合流しているが、1498年(明応7年)の東海・南海・東南海連動型地震 明応地震による津波で流れが変わったためであり、朝熊山麓を東流し二見の夫婦岩の東側で伊勢湾へ注ぐ現在の五十鈴川派川が本流であったという。五十鈴川に囲まれた伊勢市二見町は三角州のような形状であるが、三角州ではあり得ない標高約120mの音無山がある。

五十鈴川 ブログ

尖閣有事を想定、日米で共同作戦計画策定へ
米軍より平和を口にしながらお金に固執する沖縄県民の方がよっぽど我が国にとって独立を妨げる癌細胞であるとしか思えません。これは私が成長したのか、後退したのか分かりませんが、五十鈴川で禊を重ねるごとに、敵と味方がはっきり見えて来る
2013-03-21 17:52:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。 Copyright © 2013-2019 川の名前を調べる地図 All Rights Reserved.