散歩の途中で見かけた川の名前を知りたい・・。
川の名前を調べる地図は、川の名前や流路を簡単に調べられる地図サイトです。

五十嵐川

五十嵐川 都道府県

五十嵐川 市町村

五十嵐川 水系域

五十嵐川(いからしがわ)は、新潟県三条市を流れる一級河川信濃川の支流。「いがらし」ではなく「いからし」と発音する。
新潟県三条市の南東の魚沼市との境界に位置する烏帽子岳 (1,350m) に源を発する。三条市大字塩野渕字御所から三条市内を北西へ流れ、三条市由利と三条市本町の境界で信濃川に合流する。
ほぼ全域にわたってアユ、ヤマメ、ウグイ、カジカなどが豊富に生息し、秋はサケが遡上し一括捕獲されているが、河川改修事業によりサケの一括捕獲も危ぶまれている。
三条市下田地区周辺は、第11代垂仁天皇の第八皇子五十日足彦命(いかたらしひこのみこと)が開拓したと伝えられ、その子孫が「五十嵐」を名乗るようになった。五十日足彦命が開拓した地域に流れる五十嵐川の名称もこれに由来する。五十嵐は、豊作をもたらす「五風十雨」を意味する。五十嵐神社の祭神が五十日足彦命、五十嵐神社の立つ丘が五十日足彦命の陵墓とされている。
また、アイヌ語に由来した地名との説もある。 アイヌ語で物見をするような見晴らしの良い場所を「インカルシペ」または「インガルシ」などといい、北海道の遠軽町などの地名として現在も残っているが、「いからし」もその例に当たるという。この場合、流域の見晴らしの良い小山「要害山」が、名称の由来となった「インカルシペ」だろう 。

五十嵐川 ブログ

果ジェラート♪
忘れもしない、集中豪雨で再び五十嵐川が切れ 三条市の下田に洪水が起こったのと同じ2011年7月31日 加茂大橋のたもとの果樹園の一角にOPENしたのが 西村農園さんの農産物直売所。 この農園も、この 時の 豪雨の被害 は大きく 、 七反が水没。
2013-03-20 05:19:00
加茂市長に告ぐ②
三条地域水道用水供給企業団は、加茂市、田上町、そして三条市の3市町が共同出資して設立した一部事務組合であり、五十嵐川水系から取水した水を水道用水へと浄水し、構成3市町へ供給することを主な事業としているのですが
2013-03-14 17:58:00

当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。 Copyright © 2013-2019 川の名前を調べる地図 All Rights Reserved.