散歩の途中で見かけた川の名前を知りたい・・。
川の名前を調べる地図は、川の名前や流路を簡単に調べられる地図サイトです。

矢部川水系

矢部川水系 都道府県

矢部川水系 市町村

矢部川水系 河川

矢部川(やべがわ)は、福岡県南部を流れる一級水系の本流。
福岡県八女市矢部村の三国山に源を発し、上流から中流域にかけては筑肥山地の北縁を西に流れ、星野川などいくつかの支流を合わせたのち八女市において扇状地を形成する。下流域では沖端川などを分派しつつ三角州・干拓地を形成し、同県柳川市大和町大坪と同県みやま市高田町昭和開の境界から有明海に注ぐ。流域内人口約188,000人。
河床勾配は、上流部では約1/80~1/200程度と急勾配であり、中流部で約1/350~1/700程度、下流部では約1/2,000~1/10,000程度となっている。矢部川の流量は変動が大きく古くから洪水や干害を引き起こしてきた。この流量の変動を調節するために、堰の建設やクリークを使った利水が発達した。また、1959年には治水・利水を目的とした日向神ダムが建設された。
矢部川八女市の南側に当たる部分は、江戸時代の久留米藩および柳川藩の境界となっており境川と呼ばれていた。両藩による水利権を巡る勢力争いがあったという。
河口付近のみやま市瀬高町と柳川市大和町の境界部の矢部川は、瀬高町と柳川市三橋町との境界に比べて蛇行が少ない。これは1645年頃の矢部川大改修によるものである。この付近の地名に改修の名残が見受けられる。

矢部川水系 画像

矢部川水系 動画

矢部川水系 ブログ

夜話 1277 さだまさしと善知鳥吉左の「精霊流し」
船づくりは若嫁にも伝わっている 先年わが家の精霊流しをブログで伝えたら 八女人から「自分らも矢部川で」という嬉しいコメントがあつた 「ことしは矢部川に」と思ったが川上では水害の修復が続いているとか そこで思い出し
2013-03-10 22:43:00
水害から半年を経て、矢部川をつなぐ会は、 矢部川新聞第6号 ...
2012年7月14日に矢部川上流域に降った大雨は、気象庁が「これまでに経験したことのないような大雨」と呼ぶもので、黒木観測所1時間雨量94mm、3時間雨量183mm、1日の雨量534,5mmとなり、矢部川決壊 分流・沖端川でも2か所が決壊・浸水家屋多数 となり
2013-03-08 01:01:00
啓蟄・・・春近し
今日3月5日は暦で「啓蟄」・・・春の到来で虫達がうごめきだすといわれる日です。 矢部川の土手に行ってみると、土筆が立っていました。 遠くに飛形山がかすんで見えましたが、春霞などといった長閑なモノではなくpm2.5とか
2013-03-05 14:29:00
父の七回忌で黒木町笠原へ
左折して笠原地区に行くのですが「九州北部豪雨」のせいで道路が不通になりまだ復旧のメドがたっていないそうです そこで矢部川沿いに進みこの「城山学園」へ行く道から迂回します 途中に「笠原方面迂回路」の案内があり
2013-03-04 10:50:00
人口動態の動向(2)(3) できちゃった婚は普通のことに ...
写真引用:保健医療経営大学オフィシャルブログ http://www.healthcare-m.ac.jp/app/mb/ (海苔船ハーバーと矢部川大橋です。「直線的な時間」を感じる橋と、中央の緑地帯の やさしさに「循環的な時間」を想うのは
2013-02-23 07:04:00
2050年の福岡の自然
川面にうつるのは矢部川の支流塩塚川の漁のくも手あみ。 ここは下流域。 コンクリート護岸だったと思うけど、アイアシ?の群落が縁取る。 福岡は、三つの海をもち、その海岸線、山からの河川などに 恵まれています。
2013-02-22 23:18:00
夜話 1261 若山牧水と八女 その一
牧水と八女 その一 若山牧水(右)の八女訪問については数回紹介したが断片的なものになっていたので ここでまとめてみる 矢部川から花宗川が分かれるあたりの津江(八女市津江)は かって和紙生産の盛んなところだった 大正八年(1919)ここの紙漉き職人
2013-02-15 22:33:00
山陽本線岡山~新倉敷間の橋梁その2
この矢部川橋梁の橋脚はすべてコンクリート製。大正期の複線化工事で設置されたものと思われます。 足守川の西岸から中庄駅までの区間にも開業時の煉瓦構造物を持つ橋梁が確認できます。 中庄駅を過ぎて程なくすると一旦線路は高架に上がります。
2013-02-15 12:31:00
矢部川橋梁
お客様と合流し、大牟田で 炭鉱電車 を見たあとは、 柳川まで戻って矢部川橋梁で西鉄電車の撮影会。
2013-02-09 15:36:00

矢部川水系 キーワード

当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 川の名前を調べる地図 All Rights Reserved.