散歩の途中で見かけた川の名前を知りたい・・。
川の名前を調べる地図は、川の名前や流路を簡単に調べられる地図サイトです。

明連川

明連川 都道府県

明連川 市町村

明連川 水系域

明連川 画像

明連川 動画

明連川 ブログ

No497 天孫降臨(70) 瓊瓊芸命の部下たち
一行は天の浮橋すなわち雲海を押し分けて明連川を遡って行きました。明つ神が連れ立って遡ったので川の名前は明連川の名前になりました。神橋には擬宝珠がつき物で天の浮橋を神橋に見立てて渡ったので明連川の北側の山の名前は擬宝珠山です。
2008-12-19 04:36:00
No484天孫降臨(57) 竺紫日向之高千穂へ(2)
田村氏は、明連川を遡って歩かれますと、古事記に書いてある通りの景色が目に入り、 地図 にめを移しますと、古事記に書いてある通りの地名が書かれてありました。田村氏が、心を躍らせながら、歩いておられる様子が、想像できます。
2008-11-25 08:58:00
No483天孫降臨(56) 竺紫日向之高千穂へ
いっぱい分れ道を進んだということでしょう。となりますと、 険しい稜線を歩いたということだと思います。はじめのころは、田村氏の言われるとおり、明連川を遡って行ったのでしょうが、途中から、稜線に出たのだと思います。
2008-11-24 14:38:00
No482天孫降臨(55) 鏡成で待っていた猿田毘古
浮橋すなはち雲海を押し分けて明連川を遡って行きました。明つ神が連れ立って遡ったのが明連川の由来です。神橋には擬宝珠が付き物で天の浮橋を神橋に見立てて渡ったので明連川の北側の山の名前は擬宝珠山です。 明連川を登り切った最後に蒜山高原
2008-11-22 09:40:00
ヒルゼン古事記 天孫降臨(2) page??41
この天の浮橋を渡って明連川を遡った所が見返峠です。沢山の神々は、ヒルゼンに希望を持ってやって来ました。都を作るべくやって来ました。しかし、寒気と、米が全く取れないために、涙をのんでの退却です。
2008-08-20 06:30:00
見返峠 (2) page 45
明連川をさかのぼって見返峠に出た。明連とは明ツ神が連れだって通ったのが由来と考えたい。 見返峠とは野麦峠と同じ様な、哀しい思いでの峠で、はるかにヒルゼンが遠望出来る峠である。神橋のぎ宝珠までが地名になった。
2008-04-17 17:02:00
見返峠 (1) page 44
この麓を流れる川は明連川である。ヒルゼンでは 米が全く取れなかった。大国主命から米子や松江の 葦原の中州国すなはちデルタ地帯を譲ってもらった。 やっと入植地かぜ確保できたので、政府機関は 倉吉平野の西の現在名高千穂に転進したのである。
2008-04-10 19:02:00
No295 古事記が書く猿田毘古神
これから一行は蒜山高原の明連川を遡り、鏡成を経由して高千穂に下ったことが分かります。一行は天の浮橋すなはち雲海が出ている、早朝に出発し明ッ神が連れ立って遡った川は明連川と名付けられました。明連川の北側の山は擬宝珠山で、天の浮橋の欄干に由来
2008-02-06 11:22:00
資料No5古事記の猿田毘古神
これから一行は蒜山高原の明連川を遡り、鏡成を経由して高千穂に下ったことが分かり ます。一行は天の浮橋すなはち雲海が出ている、早朝に出発し明ッ神が連れ立って遡った川は明連川と名付けられました。明連川の北側の山は擬宝珠山で、天の浮橋の欄干に由来
2008-01-26 09:18:00

当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 川の名前を調べる地図 All Rights Reserved.