散歩の途中で見かけた川の名前を知りたい・・。
川の名前を調べる地図は、川の名前や流路を簡単に調べられる地図サイトです。

堀川

堀川 都道府県

堀川 市町村

堀川 水系域

堀川(ほりかわ)は、愛知県名古屋市を流れる庄内川水系一級河川
江戸時代初期の名古屋開府に際して建築資材運搬用の運河として開削されたことがそのルーツである。その後明治初期において庄内川からの取水を開始し庄内川水系に属する形となった。
愛知県名古屋市守山区にて庄内川から取水する形で発祥し、矢田川を地下水路で伏越したのち名古屋城のある南西方向へ流れる。名古屋城を北側から西側に回りこみ、その後名古屋市中心部を南方向へ流れ伊勢湾(名古屋港)に注ぐ。
庄内川の水分橋東側に所在する庄内用水頭首工においてせき止められた水を庄内用水元杁樋門より取水し、水路は「庄内用水」として南下する。矢田川の地下を三階橋東側に所在するトンネル(伏越)でくぐり、トンネル出口の三階橋ポンプ場内で農業用水である庄内用水と分岐する。水量調整用の水門である黒川樋門から「黒川」として名古屋城周辺まで南西方向に流れる。名古屋城を北側から西側に回りこんだ後、朝日橋以降は「堀川」としてほぼ南方向に流れ、河口の名古屋港(伊勢湾)に至る。途中、熱田区の七里の渡し付近(対岸は南区明治)にて新堀川と合流する。かつては松重閘門(中川区)において中川運河とも連絡していたが、2012年現在閘門水路は埋め立てが行われており船舶による往来はできない。
庄内用水は、三階橋ポンプ場内で黒川と分離したのち、ほぼ矢田川・庄内川に並行する形で北区・西区・中村区・中川区・港区方面に流れる。
名古屋市内のうち名古屋城周辺から熱田までの区間は熱田台地(名古屋台地)の西側に沿って流れている。このため総じて川の東岸が西岸よりも高くなっている。また、黒川部分の途中、猿投橋において流れに約3.8mの段差が生じており、それ以降の下流域は伊勢湾の潮の影響を受け満潮時には流れの逆行も起こる感潮域となっている。また、堀川の水深は潮の干満で変化するが1縲鰀3m程度である。発祥の経緯のとおり、特に朝日橋より下流の「堀川」は、川というよりは運河としての色彩が強い。

堀川 画像

堀川 動画

当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2016 川の名前を調べる地図 All Rights Reserved.